2014年05月17日

ASKA、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕。CHAGE残念とコメント。ニュース動画あり

5月17日、警視庁組織犯罪対策5課は、CHAGE and ASKAのASKA容疑者56歳(本名:宮崎重明)が覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕した。同時に、ASKAの知人という会社員の栩内(とちない)香澄美容疑者37歳も逮捕した。

二人とも尿検査から覚醒剤の陽性反応が出たため、もう、言い逃れできない。しかもASKA容疑者からは、合成麻薬MDMAの反応も出てしまったという。

逮捕容疑は4月6日と12日に、栩内容疑者の自宅マンション室内で覚醒剤を所持したというものだが、それだけでは済まなくなったであろう。

しかしASKA容疑者は、取り調べに対して容疑を否認している。

「今まで覚醒剤を所持したことはありません」(毎日新聞:2014/5/17)

また、同時に逮捕された栩内容疑者も否認している。

「全く身に覚えがありません」(同上)

ASKA容疑者が捜査員に任意同行されたのは17日午前7時頃で、栩内容疑者のマンションから一人で出てきたところだった。

ASKA容疑者は任意同行に素直に従ったが、ろれつは回っていなかったという。

また、ASKA容疑者の自宅からも、家宅捜査したところ、書斎の引き出しなどから、数種類の違法薬物が見つかっており、同時にそれらを使用するための器具も見つかっている。

見つかった薬物の一つは、十数回分の覚醒剤と判明した。

ところが栩内容疑者のマンションからは薬物が見つからなかったため、ASKA容疑者が薬物を持ち込んだ可能性があると見られている。

ASKA容疑者は昨年に、週刊文春などで薬物使用容疑惑が報じられた際、否定していたが、この週刊誌の記事はスクープだったことになりそうだ。

ASKA容疑者の自宅は高級住宅街にあるが、そこに一時は報道人が50人ほど詰めかけて、辺りは騒然となったようだ。

ファンや付近の住民は、ショックを隠しきれない。

警視庁幹部は、押収された薬物の量から、ASKA容疑者が常習していた可能性を語っている。

相方のChageは17日夕に、所属事務所のロックダムアーティスツを通してコメントを発表した。

「今日までASKAの回復を待ってきましたが、このような事態になり大変残念です。突然の事でまだ頭の整理はつきませんが、今は現在開催中のファンクラブイベントに僕は全力を注いでいきます。ファンの皆さま、関係者の皆さまには、ご心配ご迷惑をお掛けした事を心からお詫び申し上げます」(朝日新聞:2014/5/17)

また、事務所もコメントを発表している。

「本日、弊社契約ミュージシャンのASKAが逮捕されたことにつきまして、ファンの皆さま、また関係各位に多大なるご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。現在は事実関係を確認中であり、今後の対応については改めて発表させていただきます。重ねて深くお詫び申し上げます」(同上)

昨夏に週刊文春などで報じられた際は、ASKA容疑者が暴力団員から覚醒剤などの薬物を入手して中毒状態になっているというものだった。そして暴力団員とトラブルを起こしたASKA容疑者は、覚醒剤を吸引している姿を隠し撮りされた動画で、脅迫されているということだった。

この週刊誌の報道に対し、事務所側は事実では無いとし、厳重に抗議すると主張していたのだ。

ただ、ASKA容疑者が活動を自粛していたのは、一過性脳虚血症によるものだとしていた。







posted by しげぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。