2014年03月17日

クリミア自治共和国のロシア編入に、欧米(日)が反対する資格はないだろうに

3月16日、クリミア自治共和国では、ロシアへの編入の是非を問う住民投票が行われた。見通しでは圧倒的な多数で、ロシアへの編入が承認されるとみられている。

しかし欧米諸国はこの住民投票を違法だと決めつけた。彼らに違法だなどと言う資格は無いはずだが、このことは後述する。

クリミア自治共和国のアクショノフ首相は、中心都市であるシンフェロポリのレーニン広場で高々と宣言している。

「われわれは故国に戻る。クリミアはロシアだ」

その宣言を聞いて広場に集まっていた群衆は歓声を上げてロシア国旗を振った。

しかしオバマ米大統領は同日、ロシアのプーチン大統領との電話会談でこの事態を非難した。オバマ大統領の言い分では、クリミア自治共和国での住民投票はウクライナ憲法に違反しているだけで無く、ロシアの軍事介入の脅威の下で行われた、と。

従って、国際社会はこの住民投票の結果を認めないと主張した。

それだけではない。ロシアがウクライナの主権と領土を侵害しているとまで言い放った。

全くもって滅茶苦茶な言いがかりである。

電話会談は大統領同士だけでなく、米国のケリー国務長官とロシアのラブロフ外相との間でも行われた。

ケリー国務長官も主張は同じだ。

さらにEU(欧州連合)も同日に「強い非難」を表明した。それだけではない、米国同様にロシアへの制裁を検討していることも明らかにした。

EUは17日の外相理事会でロシア政府関係者への追加制裁を決定する方針だ。具体的には、ロシア政府関係者へのEU内の資産凍結と渡航禁止などになると見られる。

オバマ大統領はプーチン大統領に国際監視団の受け入れを求めた。

「ロシアとウクライナ国民にお互いに利があるような外交的解決の道が残されている」(日本経済新聞:2014/3/17)

米ホワイトハウスも声明を出している。

「ロシアの軍事介入による暴力と威嚇のもとで実施された選挙結果を国際社会は承認しない。ウクライナの主権と領土保全に賛同するよう国際社会すべてに要請する」(同上)

ウクライナの主権などと、滅茶苦茶なことを言っている。クーデター政権を認めると言うことで有り、民主主義を否定することになるにもかかわらずだ。

EUのファンロンパイ大統領とバローゾ委員長もデタラメを語っている。

「ウクライナの主権と領土の統一性に対する理不尽な侵害を強く非難する」(同上)

当然米国に追随するのが国是の日本も、欧米のデタラメに付き合うしかない。菅義偉官房長官は17日に記者会見で言及した。

「(クリミア自治共和国の住民投票について)わが国として承認しない」(ロイター:2014/3/17)

「ロシアが国際法を完全に順守し、ウクライナの主権と領土の一体性を尊重し、クリミアの併合に踏み出さないように強く求める」(同上)

ああ、せっかく良いムードになっていた日露関係は、これで振り出しにもどるであろう。北方領土は遠のいた。

日本はともかく、オバマ大統領は強気の姿勢を見せねばならない状況だ。何しろ支持率が低いまま今年の秋に行われる中間選挙を迎える訳にはいかない。強い大統領を演じねばならない。全く迷惑な人達だ。

そもそもウクライナの法がどうのこうのと言っているが、ウクライナの現政権は、民主主義によって選ばれた大統領を追放したクーデター政権であり暫定政権だ。

つまり、現ウクライナ政権には正統性は無い。むしろ民主主義の破壊者達による政権だ。これを欧米は支持していることになる。

しかもロシアの介入は、ウクライナで民主的に選ばれたヤヌコビッチ大統領(まだ辞任の意志を示していないので大統領と書く)がロシアに支援要請している以上、ロシアに大義がある。

従って、ウクライナのことについて、欧米が口出ししていること自体がデタラメなのだ。

日本は声明だけ米国に合わせ、実際のロシアへの制裁は行わない方が良いのだが…。



posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。