2014年01月21日

子宮頸がんワクチンの副作用が「気のせい」という驚愕見解と、小説『インフェルノ』が実現しているという恐怖

20日、厚生労働省の有識者検討会は、女子中高生への子宮頸がんワクチンの接種後に相次いで発症している重い副作用について以下の見解をまとめた。

「接種による痛みや不安に対する心身の反応が引き起こしたもの」

つまり、「気のせいだ」と言ってのけたのだ。

おいおい、気は確かか? と疑いたくなる見解だ。本当に「有識者」の検討会なのかと。副作用は体の痛みなどである。酷い場合は歩行困難にもなる。

この副作用の症状の重さと、訴えている人の多さによって、現在は摂取することを一時的に中止している。しかし2月に開催される検討会で最終的な安全が確認されれば、再開される可能性が高まってきた。

今回の検討会では接種後に起きている痛みなどの副作用について検討された。その結果、ワクチンの薬液が神経の異常・中毒、あるいは免疫反応を引き起こしていることは説明できない、という結論に達したのだ。

それで、子宮頸がんワクチンの接種によって起きる痛みなどの「重い」副作用は「気のせい」という結論にいたった。

実に乱暴な話ではないか。

しかも次の論理が破綻している。

(1)
副作用の内、すぐに起きる局所の痛みは通常2週間以内に治まるから問題無い。

(2)
接種後、1ヶ月以上経過してから発症している痛みは、時間が経っているからワクチン接種との因果関係が認めにくい。

(3)
接種後に発症した症状が3ヶ月以上も続いている場合は、他の原因だろう。

三つとも子供の言い訳ではないか。驚いてしまった。とても化学的な見地からの結論とは呼べない。裏があるだろう。

この子宮頸がんワクチンは昨年の4月から定期接種となっている。しかし前述の通り全身の痛みや痙攣などの副作用が「相次いだ」ため、厚生労働省は一時的に積極的な接種の呼びかけを中止していた。副作用130例の内、33例は歩行障害まで起こしているのだ。

このことを重く見た「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」が厚生労働省に接種中止を要望したのだ。

そして厚生労働省の専門家会議は、これらの副作用は、筋肉注射による痛みが心的なストレスとなったものだと判断したのだ。

驚いた。筋肉注射は他にも多くあるが、それが心的なストレスとなって全身の痛みや痙攣を引き起こしている例があるのか?

健康診断のバリウムを飲む時だって打つではないか。皆、副作用を発症しているだろうか。

ともかく、子宮頸がんワクチンの接種は再開されるであろう。

何故か。

まず想像できり理由は、儲かる者たちがいるからだ。

製薬会社は薬の副作用で訴訟を起こされると、敗訴した場合、賠償金で損をする場合がある。

ところがワクチンは違うのだ。「法定接種」に認められれば副作用が発症しても製薬会社は責任を取る必要が無い。つまり、リスク無しで儲けられるのだ。

しかも病気にかかった少数の患者に接種するのではなく、ワクチンは健康な圧倒的多数の人達に接種するから莫大な儲けが期待出来る。

超ウハウハなのだ。

このことが、製薬会社が通常の薬よりもワクチン開発に力を入れたがる理由と言われている。

そういえば、2009年に、毒性の強い新型インフルエンザが流行するという予測で、日本政府が10月に7千7百万人分のワクチンを2回分製薬会社各社に注文したことがあったなぁ。

そして政治家も信用ならない。今回、子宮頸がんワクチンの早期承認や公費助成の推進の先頭に立ったのは公明党の松あきら議員だ。本名は西川玲子という。

そして彼女の夫は西川和雄という弁護士だが、彼こそ子宮頸がんワクチンを売って儲けているグラクソ・スミスクライン株式会社の顧問弁護士だ。

隠されていた糸が見えてくるようだ。

さて、私は最近、ダン・ブラウンの『インフェルノ』を読んだ。非常に面白かったので、感想をアップしている。

『インフェルノ (上)(下) 』ダン・ブラウン
http://tuukinndokusyo.seesaa.net/article/384798582.html

以下、ネタバレになってしまうので、注意して欲しいが、『インフェルノ』では、人口抑制のために、狂気の天才科学者が子供を産めなくするウィルスを開発して世界に拡散してしまう、という結末がある。

この話を、今回話題になっている子宮頸がんワクチンで思い出したのだ。

グラクソ・スミスクライン株式会社が開発した子宮頸がんワクチン「サーバリックス」は、本来は一人当たり約5万円の費用がかかるとされている。

それで欧米諸国も日本も、これを公費で賄うことにしている。

子宮頸がんは性交渉によって感染するので、処女は感染しない。そこでまだ処女の内の11歳から14歳の女子にワクチンを接種することになっている。

ところがこのワクチン「サーバリックス」にはアジュバンドという免疫賦活剤が添加されている。

このアジュバンドは、そもそもペットの去勢・避妊薬として開発されたものだ。人間に接種すると、一切妊娠できなくなり、不妊治療もできなくなるという。

つまり日本の少女達に、この不妊薬が接種されているのだ。

さて、一体何が起きているのか?





posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。