2014年01月14日

2013年の「世界で最も美しい顔100人」(動画あり)

毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」の2013年版が、米映画サイトのTC Candlerから発表された。

日本からも石原さとみ(32位)、佐々木希(41位)、桐谷美玲(46位)、AKB48の島崎遥香(56位)、浜崎あゆみ(60位)、上戸彩(99位)の6人が選出された。

この順位に言いたいことがある人もいるだろうが、別に世界中の人が投票したわけではないので、お遊びの一種ということで楽しめば良いかと。。

とはいえ、美しい顔を与えられた(整形も含む)女性はとても価値ある宝を与えられたようなものだから、神でも天でも親でも美容整形外科の医師でも、感謝せねばなるまい。

それにしても、私は素直に、皆さん美しい顔だと思う。男の私だって、容姿に恵まれなかったことは、間違いなくハンデを背負って生きてきたのだと感じているのだから、女性たちはなおさら思うところがあるだろう。

もちろん、美しい顔がイコール幸せになれる、ということでもないし、人として優れているということでもないのだろうが、顔が美しいことは、視力が良いとか、体が丈夫であるとか、頭脳明晰であるとか、反射神経が良いといったことと同様かそれ以上に恵まれていることに間違いない。

さて、第一位はフランス人女優のマリオン・コティヤールさんだった。2007年に映画『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』でアカデミー賞主演女優賞を獲得している。

そして第二位にはなんとK-POPグループのAFTERSCHOOLのナナさんだった。韓国という国は嫌いだが、個々人に恨みは無いし、美しいものは美しい。確かにため息がでるような美女だ。え? どうせ整形美人だろうって? それは知らない。ただ、現状が美女であることに間違いは無い。

それでは「世界で最も美しい顔100人」をYouTubeの動画でお楽しみ下さい。





posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385159587

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。