2013年11月18日

雷門の大提灯はパナソニックの提供とは、あまり知られていないかも(画像あり)

18日、浅草は雷門の大提灯が新調され、その奉納式典が行われた。

この提灯、実際に観た人は圧倒されるが、実に大きい。高さは3.9メートル、直径は3.3メートルある。しかも重さが約700キロもあるとは想像以上だった。

この大提灯は10年に一度張り替え作業が行われているのだが、それほど昔からの話では無い。

実は雷門は江戸時代末(1865年)に焼失している。それが再建されたのが1960年だ。それ以降10年に1度張り替えられている。

張り替えは地元では行えず、わざわざ京都の下京区にある老舗の「高橋提燈(ちょうちん)」で行われる。

素材も福井県産の手漉き和紙や丹波産の竹などが使われているのだ。

今回も9月に取り外され、京都でメンテナンス中は、写真を印刷したシートを代わりに掛けてあった。

だから本物が戻ってくると、観光客も地元の商店街の人々も大喜びだ。

それは本物が良いに決まっている。

さて、ここで下の写真を見ていただきたい。大提灯の下部を移した写真だ。クリックするとさらに拡大する。

大提灯.jpg

意外な発見があったのではないだろうか。そう、提灯の下には思い切り「松下電器」の銘板が取り付けられている。

実はこの大提灯、商店街や寺が普請しているのかというと、それが違った。パナソニックがメンテしていたのだ。

1960年の雷門再建のとき、病気だった松下電器創業者の松下幸之助は浅草寺を拝んだという。すると病気が治ったため、その礼として、再建した雷門に大提灯を寄進したのだった。

それ以来、社名がパナソニックに変わっても、同社が大提灯のメンテを継続しているという。

ただ、パナソニックという社名は提灯には相応しくないということもあってか、あるいは創業当時の面影を残したいと言うことか、今でも銘板には旧社名の松下電器を掲げている。

広報担当者の説明では、

「創業者以来の縁に配慮した」

ということらしい。

意外なところに、松下幸之助の足跡を見つけた気がした。



posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。