2013年11月01日

ウィグル人弾圧をテロとの戦いにすり替える中国

10月28日に天安門前に車が突入し、炎上した事件について、下記の通り2日連続で投稿した。

『中国の天安門での自動車事故は、ウィグル人によるイスラムのテロか?』(2013/10/30)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/378938523.html

『中国共産党を揺さぶるイスラム』(2013/10/31)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/379037411.html

そして3日目となり、中国政府の見解が出始めた。

中国共産党の公安部門の責任者の発言があった。孟建柱・中央政法委員会書記(政治局員)の発言だ。

「背後に東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)のテロ組織の指示がある」

東トルキスタン・イスラム運動は、ウィグル独立派の組織だ。そしてこの組織は2002年9月に、国連安全保障理事会でテロ組織として認定された。

孟建柱・中央政法委員会書記は今回の事件を示して言う。

「SCO(上海協力機構)加盟国はさらに協力を強め、テロに断固対抗すべきだ」

そして改めてこの度の事件をテロであるとして非難した。

「組織的かつ計画的で、多くの民衆の生命や財産に損失をもたらした。テロリズムは全人類共通の敵だ」

しかし中国政府がやっていることは、北京市や新疆ウイグル自治区を含めた中国全土での、少数民族であるウィグル族への弾圧である。

どうみても、この少数民族弾圧行為を、テロとの戦いにすり替えて、国際社会での正統性をでっちあげようとしているように見えるが、考えすぎだろうか。

確かにこの度の自動車突入事件はテロ行為と言える。車両に乗っていたウィグル人と言われる夫婦(共に30歳)と夫の母(70歳)は、ガソリンに火を付けて炎上させ自殺している。自爆テロの一種だろう。

また、すぐさま拘束した容疑者たちのアジトからは、ETIM(東トルキスタン・イスラム運動)が使う「聖戦」の旗も発見されたという。

さらに深読みが許されるなら、聖戦を掲げて自爆テロを行うイスラム系とすれば、ある組織とのつながりが見えてくる。

アルカイダだ。

実際、国連安全保障理事会は、ETIMはアルカイダと連携していると認定している。また、アルカイダも、中国政府のウィグル人弾圧を非難し、かねてから報復すると表明していた。

ただ、この度の事件がすぐにアルカイダの仕業だとは思えないが、どこかで繋がってくる可能性はあるし、中国にアルカイダが乗り込んでくる可能性も否定できない。

何しろ新疆ウイグル自治区では、ウィグル人たちが、その土地に豊富な資源を漢族が独占している状態に「富を強奪されている」として反発している。

このようなところにアルカイダは登場しやすい。

従って、中国でアルカイダなどのイスラム武装勢力がテロ活動を行う理由はあるのだ。

また、少数民族の中にも、一旦アフガニスタンやパキスタンに渡り、イスラム過激派のテロ活動の手法を学んで中国に戻ってくる者たちが居るのだと言う。

とはいえ、所詮は少数民族。圧倒的な巨大さを持つ中国共産党にはまだまだかなわない。

しかし中国政府は、このテロを敢えて過大な恐怖と見立てて、テロとの戦いを大義名分に少数民族を弾圧し、その富を強奪するための隠れ蓑に使う可能性がある。

テロ行為は許されない行為だが、それ以上に残虐なのが、中国共産党なのではないか。


以下、関連記事(新しい順)です。

『中国共産党を揺さぶるイスラム』(2013/10/31)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/379037411.html

『中国の天安門での自動車事故は、ウィグル人によるイスラムのテロか?』(2013/10/30)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/378938523.html



posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。