2013年08月27日

「はだしのゲン」を無制限に子供に見せてはならない。これは言論の自由とは別次元の問題

──注意──
以下は、あまりに世間一般の反応と異なる考えが述べられているので、人によっては(特にお花畑左翼系の人は)拒絶反応、アレルギー反応、目眩、痙攣、発作、嘔吐などを催すかもしれませんので閲覧にはご注意ください。あくまで投稿者の個人的な見解です。
また、投稿者は「はだしのゲン」の全てを読んで(見て)おりません。あくまで第二部の一部を読んで(見て)、これはいかん、と思った次第です。
──────

どこまで日本を貶めるための布教活動が熱心に行われるのか、不思議でならない。

こまったことに、松江市教育委員会が「はだしのゲン」を小中学校での閲覧に制限を設けるという至極まっとうな主張を行ったことが火だねとなって、「はだしのゲン」の増刷が止まらない。

汐文(ちょうぶん)社は「はだしのゲン」を累計1000万部も販売してきたという。本来なら、例年は終戦記念日が過ぎれば売り上げが落ちる。ところがこの度の問題で売れ行きが上がり、増刷を決定した。

見るな、と言われれば見たくなるのが人間の性だ。

一番馬鹿げた大人達の反応は、松江市教育委員会の閲覧制限判断に対し、「事実を覆い隠すような対応はおかしい」「子供に読んでもらいたい」という意見が出版者に100件近くも寄せられたということだ。

本当に読んだのか? 子供達に何ら典拠を示さずに、日本兵が捕虜の首を試し切りしたり、妊婦の腹を切り裂いたり、女性の陰部に一升瓶がどこまで入るか押し込んで骨盤を砕いたり、といった嘘かもしれないにもかかわらず、確実に日本人の品性を貶め、愛国心を奪う漫画を子供達に見せて良いのか?

日本には言論の自由があるから、「はだしのゲン」を焚書坑儒する必要は無い。しかし、この類の漫画は、大人になって分別が付くようになってから見せるべきだ。愛国心を育てるべき重要な時期である子供達に見せることは、私は反対だ。

世の親たちは、その当たりをよーく考えるべきだ(無理だろうけど)。

下村文部科学大臣は記者会見で述べた。

「各学校で児童・生徒の発達段階も考慮した適切な取り扱いを期待したい。文部科学省として何らかの指導をするということではない。今後は、各学校で児童・生徒の発達段階も考慮した適切な取り扱いが行われることを期待したい」

ぬるい。指導すべきだ。国益にかなうのであれば、制限しても構わないだろう。

公明党の山口那津男代表は言及した。

「これまで、みんなが見ることができたわけだから。そうした表現も、それを享受することも、ずっと行われてきたのですから、それは、みなさんが知る機会は保たれた方が良いのではないか」

馬鹿め。皆さんとは大人であるべきだ。子供(少なくとも義務教育の時期)には大人が閲覧を制限すべきだ。何でも見せて良いのなら、小学校にエロ本でもAVでも置けば良い。いや、これは話がずれてしまった。

民主党の海江田代表はもっと愚かだ。

「耳を疑う事象だ。多くの人に読まれているものを読ませないのは日本の歴史に目をつぶらせることにほかならない」

だから、「はだしのゲン」に、真実の歴史が描かれていると、誰が証明しているのだ? 第二部は反日プロパガンダによるもかもしれないのだ。

名古屋市名東区の「戦争と平和の資料館ピースあいち」の宮原大輔事務局長は国賊だ。

「描かれているのはむごい内容だが、その事実から子どもの目をふさぐことは、原爆の恐ろしさや戦争の悲惨さを伝える機会を奪う」

完全に第一部と第二部を混ぜている。原爆以外の内容について、だれが「事実」と証明しているのか。その根拠を示せ。日本を貶めるための嘘かもしれないのにだ。いい加減なものだ。

さて、この問題に、珍しく経済学者の高橋洋一氏が鋭い指摘をしている。

「はだしのゲン」の第一部は少年誌連載(少年ジャンプ)で、謂わば民間の出版社が原爆投下前後と終戦後の動乱を描いた優れた作品(但し一部問題のあるグロテスクな表現があるが)だと指摘する。

しかし、問題は第二部だ。

第二部は左派系オピニオン雑誌「市民」、日本共産党機関誌「文化評論」、日教組機関紙「教育評論」にわたって連載されたため、反日色が濃く出ていると指摘する。

つまり、高橋洋一氏は、第一部と第二部は別物として扱った法が良いと言う。

第一部は戦争の悲惨さを子供達に知ってもらうためにも有意義であろう。しかし、第二部は反日色がでて、日本兵が「首をおもしろ半分に切り落したり」、「銃剣術の的にしたり」、「妊婦の腹を切りさいて中の赤ん坊をひっぱり出したり」、「女性の性器の中に一升ビンがどれだけ入るかたたきこんで骨盤をくだいて殺したり」といった表現が、なんの典拠も示さずに無責任に描かれていると指摘する。

だから同氏は、第一部は子供にも閲覧自由で良いが、第二部は制限すべきだろうと言う。

これが良識有る大人の意見だと思うのだが…。



posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373155438

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。