2013年08月27日

潘基文国連事務総長は所詮は朝鮮人。息を吐くように嘘をつく韓国人の一人。国連憲章違反の可能性あり

26日、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は会見で、「日本の政治指導者には深い反省と国際的な未来を見通す展望が必要だ」などと発言した。これは安倍政権の歴史認識や憲法改正を念頭に置いた発言だが、中立を維持すべき国連の事務総長の発言としては失格だ。

潘基文事務総長の発言は、ただの反日韓国人である。そもそも韓国人が国連の事務総長になった時点で、私は「なんだこりゃ」と思ったものだったが、やはりお里はしれている。この度の発言は明らかに韓国政府におもねったものだからだ。

これに対し、菅義偉官房長官は、「非常に疑問を感じている」と不快感を示した。当然である。

本当の歴史も知らない(あるいは知らない振りをしている)潘基文事務総長に、そもそも国連に属する資格は無い。

菅義偉官房長官は続ける。

「(韓国・中国とは)懸案があるなかでも、対話を行っていくべきだと安倍総理はずっと呼びかけをしている。(潘事務総長の発言は)我が国の立場を認識したうえで行われているのか、非常に疑問を感じている」

これは大騒ぎしても良いだろう。世界中に国連事務総長がどうあるべきか、騒ぐべきだ。

菅義偉官房長官は来月の国連総会を踏まえて続ける。

「日本は戦後、一貫して平和と繁栄のために努力してきた」

全くその通りだ。これに反発するのは支那人と朝鮮人くらいだろう。
菅義偉官房長官はこのことを、来月の国連総会等の場で、主張するつもりであることを示したが、それだけではぬるい。明確に「(息を吐くように嘘をつくことで有名な)韓国人に国連の事務総長を努める資格は無い」と言うべきだ。

それにしても潘基文事務総長が日本に向けた次の言葉は噴飯物だ。

「正しい歴史認識を持ってこそ、ほかの国々からも尊敬と信頼を受けるのではないか」

そのまま韓国にお返ししよう。歴史を捏造しまくっている朝鮮人が、良くもぬけぬけと言ったものだ。さすが「息を吐くように嘘をつく」韓国人だ。

しかし潘基文事務総長の発言を聞いた朝鮮人達は大喜びだろう。「我が意を得たり!」と手を打っているに違いない。彼らこそ、自分たちが捏造した歴史に騙されている愚かな連中だからだ。

新藤義孝総務相も会見で批判した。

「国際社会の中で最も中立的なのが国連事務総長だ。立場が偏るような恣意的な発言はいかがなものか」

古屋圭司拉致問題担当相に至っては、

「国連憲章違反になるかもしれないとして外務省が精査している、との報道を承知している。外務省の言っていることが筋ではないか」

と指摘した。

ところで、上記文中で「息を吐くように嘘をつく韓国人」と何度も述べたが、この表現は当方のオリジナルではありません。以下の本からの引用です。



腹が立ったので、ついでに以下の電子書籍も宣伝しちゃいます。





posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。