2013年08月06日

人工の肉は人類を救うか?(動画あり)

5日、ロンドンで人工牛肉によるハンバーガーの試食会が開かれた。肉は牛の細胞を培養して作った人工肉だ。これは世界で初めての試みとなる。

科学者達は言う。

「増大し続ける肉の需要に対応するための技術になり得る」

この人工牛肉は、オランダ・マーストリヒト大学のマーク・ポスト教授らのチームによって作られた。

牛の筋肉組織から幹細胞を採取し、それを肉片となるまで数週間かけて培養した。さらに赤い根菜のビーツの汁でそれっぽく着色して人工挽肉にし、あとはパン粉や卵を加えてハンバーグに加工したという物だ。

こうしてできたハンバーガーを料理専門家が試食した。試食した一人であるオーストリア人の食文化研究家のハンニ・ルツレル氏は感想を述べた。

「もっと柔らかいと思った。あまりジューシーではない。本物の肉に近いが塩こしょうが足りない」

まぁ、塩こしょうの不足は調理方法の問題だろうから、まずまずのできだったといえるのか。

試食は二人分だったが、もう一人は食に関するテーマを書いている文筆家のジョシュ・ションウォルド氏だ。彼の感想は、

「慣れ親しんだ肉の舌触りだが、味が違う。脂肪がない」

というものだった。脂肪が無いのは、ある意味ヘルシーなのかもしれない。

味はともかく、マーク・ポスト教授は言う。

「(人工牛肉は食べても)安全で、通常の肉の代用品として潜在力がある」

ちなみに140グラムの人工牛肉バーガーを作るには、今回の場合は25万ユーロ(約3250万円)かかったという。

勿論、研究開発での費用だから、量産されるようになれば、市販に耐えうる価格にすることも可能だという。

それにしてもあまり食欲をそそらないのは、このハンバーガーの名前だ。「フランケンバーガー」と名付けられた。墓場から死体の肉を集めてきたようで気持ち悪い。

それでも開発チームに言わせれば、人工肉はエコなのだという。現在、驚くべき事に地球の土地の70%は肉の生産に使われているのだという。これが後20年ほどで不足してくるらしい。つまり肉の生産には土地や水といった資源が大量に必要となる。それが人工肉であれば節約できるというのだ。

おまけに、

「牛を減らす事で温暖化の原因と言われているメタンガスの排出量も減らせるので、試験管肉は非常にエコだ」

ということらしい。現在、家畜が排出する二酸化炭素は世界の排出量の5%、メタンでは30%の原因らしい。それを言っている。

メリットはそれだけでは無い。人工肉であれば、餌に含まれる農薬や、本物であれば打たれる抗生物質の影響といった心配が無くなる。さらに、動物同士で感染する病気の心配も要らないとう。

ところでオランダ政府は、2005年から人工肉の研究に助成を行っている。そのため、同国のユトレヒト大学では豚の幹細胞から人工肉を作る研究が進められているという。

将来、本物の肉の価格が高騰し、絶対量が不足すれば、いよいよ人工肉を食べることになるのかもしれない。

以下、CNNの動画です。





posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。