2013年07月29日

韓国は昨年の失敗すら学べないのに、日本には歴史を忘れるなという、爆笑ものの倒錯民族

また、韓国が話題を提供してくれた。本当に成長しない民族なのだなぁ、とおかしくなる。いや、困ったものだ。

28日、ソウルで行われた東アジア・カップ男子日韓戦で、おおかたの期待通り、韓国の応援団が歴史問題で日本を非難する巨大な横断幕を掲げた。いや、ほんとに予想通りで、これほど行動が読まれている国民もいないだろう。

これに対して、29日に、日本サッカー協会の大仁邦弥会長は、主催の東アジア連盟に抗議文を提出した。

まぁ、何度言っても分からない連中なのだが、一応抗議して見せた。

問題の横断幕には「歴史を忘却した民族に未来はない」と、自分たちの歴史誤認は棚に上げて(もう、これだけで赤面ものだが)書かれていた。当然、政治的な主張にあたるので、FIFA(国際サッカー連盟)の規定に、またもや違反すると考えられる。

さすがに大仁邦弥会長も呆れた。

「今回はこういうことが起こらなければいいと思っていたが残念だ。東アジア連盟はしっかり調査し、対応してほしい」

本当は、「本当に韓国って恥ずかしい国だなぁ」と言いたかったかもしれない。いや、あくまで想像だが。

大仁邦弥会長が「今回は」と言ったのは、例の昨年のロンドン五輪でのことを示している。このとき、男子日韓戦の試合後に、朴鍾佑選手が島根県・竹島の韓国領有を主張するメッセージを掲げて己のアホさをアピールしてしまい、FIFAとIOC(国際オリンピック委員会)から処分を受けたばかりだ。

ちなみにこの度の日韓戦は、2−1で日本が勝った。にっくき小日本に負けた韓国人たちは、さぞ、悔しがったであろう。何でも自分たちが一番でなければ気が済まない国民性だ。しかし実態が全く追いつかないので、常にいらいらしている。

問題の横断幕が韓国側サポーターたちによって掲げられた後、サポーター達と大会の関係者らがもみ合いになった。それでも韓国側サポーター達は選手たちより踏ん張り、試合の前半が終了するまで横断幕を掲げ続けた。ハーフタイム中には撤去されている。

韓国サッカー協会も問題だ。この横断幕を持ち込ませてしまったからだ。さすがにわざと見逃したのだとは思わない。なぜなら、未然に食い止めた持ち物もあったからだ。

韓国側サポーターがこの度の試合会場に持ち込もうとして阻止された物に、日本の東京国立博物館に所蔵されている朝鮮王室の文化財を返せ、という横断幕や垂れ幕も含まれていた。これらはなんとか持ち込みを阻止できていた。

それにしても朝鮮人達は、自分たちは昨年の失敗から何も学ばなかったし、捏造された歴史を主張しているにも課かわらず、「歴史を忘れた民族に未来はない」とは良く書いたものだ。

そう、朝鮮人に未来はないのかもよ。



posted by しげぞう | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
別にどっちもどっちでしょう。
統一教会に政治機構を牛耳られた、アメリカ支配の偽装対立国家。それに気付かせない歴史教育。目を背けさせるための、お互いの「歴史問題」。日本が屈辱的な敗戦国だということを忘れてはいないか。明治維新以来の、被支配国。なぜ豊かな生活をしていた国で、内乱が起きなければならないのか。彼らが美化されているのか。一つは戦争屋が儲かるからですよ。なぜアメリカがここまで絶大な権力を持って存在しているか。金融の根本の仕組みに、端を発しているようです。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/ http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11581448228.html選挙について、よければよく調べて下さい。

Posted by とおりがかり。 at 2013年08月05日 03:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。