2013年07月02日

エジプトのデモに、軍が介入を宣言。48時間後に何が起きるのか

昨日、エジプトでモルシ大統領に対する辞任要求のデモが起きている背景に触れつつ状況を見てみた。

『エジプトのデモ、再び。経済政策への失望と、イスラム化への警戒』(2013/07/01)
http://newsyomaneba.seesaa.net/?1372750119

さて、事態が急展開しそうだ。軍が抗議デモについて、介入すると宣言したからだ。

シシ(シーシーとも)軍最強評議会議長兼国防相が1日に、国営テレビを通して声明を発表した。

「期限(48時間以内)までに国民の要望が実現されなければ、(軍には)将来に向けたロードマップを示す義務がある」

明確な介入宣言である。但し、政治や政府への直接的な関与は否定した。つまりクーデターでは無いことを強調した。

これに対し、モルシ大統領は翌日の2日未明、この最後通告を拒否した。

「自分(モルシ大統領)の方法で国民和解を進める」

同時に、大統領府はこの軍の声明は、大統領との事前協議がなかったため、

「声明の一部には、複雑な国内環境に混乱を引き起こし得る意味合いが見受けられる」

との見解を示した。しかし1日には、モルシ大統領、シシ国防相、カンディール首相の3者会談が行われていたのだ。その場で、軍の意向は示されなかったのだろうか。

この軍の声明に対し、反政府勢力は歓迎を表明し、モルシ大統領支持派は「クーデター」だと非難した。

首都カイロ中心部のタハリール広場では、モルシー大統領退陣を要求する数十万人の市民等が上空を見上げ、歓声を上げた。

そこには、エジプト国旗をはためかせながら旋回する軍のヘリコプターの編隊がいた。

市民はどよめいた。

「軍はわれわれの味方だ」
「モルシーはこれで辞任だ」

この事態にイスラム原理主義組織であるムスリム同胞団は反発した。

「正当性は民主的に選ばれた大統領にある」

そして、彼らも大規模なデモを行う事で対抗することを表明し、参加者を呼びかけた。

ではモルシ大統領は、どのような方法で和解を模索しているのか。中東の衛星テレビ局であるアルアラビーヤによれば、政権側は、大統領の信任を問う国民投票を行う案を出しているという。

ただ、軍は48時間以内に解決せよと政府に要求している。しかし大統領側が対話を求めても、反大統領側は、応じないだろう。

そうこうするうちに、あっというまに48時間がたってしまう。

そんな最中、アムル外相が時評を提出した。これで大規模デモ発生後に時評を提出した閣僚は6人になった。政権側の求心力が揺らいでいる。

さて、軍はどのように介入するというのだろうか。


以下、エジプト関係の記事です。(新しい順)

『エジプトのデモ、再び。経済政策への失望と、イスラム化への警戒』(2013/07/01)
http://newsyomaneba.seesaa.net/?1372750119

『分裂が顕在化するエジプト』(2012/11/27)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/304087623.html

『クリントン国務長官とエジプトのモルシ大統領と会談。まずはお互いの思惑は一致
』(2012/07/15)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/281136899.html

『エジプト新大統領モルシー氏は、ぬかるみへの第一歩を踏み出したかもしれない。』(2012/06/25)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/277224870.html

『エジプト大統領選の結果は、どっちに転んでも新たな火種だ』(2012/06/24)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/277009953.html

『エジプトのムバラク大統領に死刑求刑。軍部への不満を反らす見せしめか』(2012/01/06)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/244591656.html

『エジプト騒乱の続章の幕開けか。暫定統治の軍と、イスラム原理主義の衝突』(2011/11/20)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/236099759.html

『エジプトの、新たな混乱が始まるのか。』(2011/02/12)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/185542674.html

『ムバラク大統領は、権力亡者となり暴走しているのか。後ろ盾の米国にも読めず。』(2011/02/11)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/185457860.html

『デモの長期化はムバラクに有利か、反ムバラクに有利か』(2011/02/05)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/184439695.html

『ムバラク大統領の退陣は、新たな対立を産む可能性がある』(2011/02/02)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/183849084.html

『エジプト全土にムバラク大統領退陣要求デモの背景:第五部。』(2011/01/30)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/183236111.html

『エジプト全土にムバラク大統領退陣要求デモの背景:第四部。』(2011/01/30)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/183159468.html

『エジプト全土にムバラク大統領退陣要求デモの背景:第三部。』(2011/01/30)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/183150487.html

『エジプト全土にムバラク大統領退陣要求デモの背景:第二部。』(2011/01/29)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/183086820.html

『エジプト全土にムバラク大統領退陣要求デモの背景:第一部。』(2011/01/29)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/183082938.html



posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。