2013年03月08日

日本の独立記念日「主権回復の日」は「屈辱の日」だとする沖縄で、「中国万歳」が叫ばれている

安倍晋三首相は、今年の4月28日に政府主催の式典を検討していることを表明した。この日は何かというと、1952年4月28日のことで、サンフランシスコ講和条約が発効した日を示す。

日本は敗戦後、GHQ(連合国軍司令部)によって7年間統治されていた。それが終わった日である。

つまり、日本が独立した「独立記念日」として式典を開こうと言うことだ。

まだ正式な名称は決まっていないが、実は自民党は昨年の衆院選の政策集で、「4月28日を『主権回復の日』として祝う式典」を政府主催で開くことを盛り込んでいた。

だから、とりあえず「主権回復の日」ということになろうか。

安倍晋三首相は7日の衆院予算委員会で述べた。

「サンフランシスコ講和条約が発効して7年にわたる長い占領期間を終え、わが国は主権を完全に回復した。つまり、独立を手に入れたわけだ」

そして、

「若い方々には、長い占領期間があったことを知らない人も増えている。60年前に独立したことをしっかりと認識する。わが国の未来を切り開く決意を確固たるものにするため、本年4月28日に政府主催の記念式典を実施する方向で検討している」

と表明した。

ところがこのことに不快感を表したのがまたしても沖縄だ。というのも、沖縄ではこの4月28日を、「屈辱の日」と呼んでいるからだ。何が屈辱なのか。

サンフランシスコ講和条約によって、日本から切り離されたからだ。日本が独立したと同時に、沖縄では米国統治が合法化された。

そして、ようやく沖縄が日本に復帰したのは、1972年5月15日だった(ちなみに奄美は1953年12月25日のクリスマス)。

そのような経緯があるので、沖縄にとっては4月28日は独立記念日となり得ないという気分がある。

まぁ、その代表というわけではないが、例えば比屋根照夫・琉球大名誉教授(政治思想史)は(沖縄代表の気分になって)こう語る。

「沖縄戦で多大な犠牲を強いられた上に、沖縄はこの日に切り捨てられた。沖縄の戦後の苦難の歴史の原点とも言える日。祝う気持ちになれるはずがない。」

ただ、もしも式典をひらくのであれば、こうすれば良い、というヒントも語っている。

「もし式典を開くのならば『屈辱の日』と呼ばれる沖縄の歴史も同時に伝えるべきだ。祝うだけの式典では、沖縄との信頼関係は根底から崩れる」

なるほど、この意見は政府も参考にする必要があるかもしれない。

もう一人紹介すると、内村千尋さんという68歳の女性がいる。この方は戦後沖縄革新勢力のシンボルとして米軍の弾圧に抵抗したといわれる故瀬長亀次郎元那覇市長の次女だ。彼女は言う。

「オスプレイの押し付けなどで本土から今も置き去りにされたままと思っている沖縄からすれば『4.28』を祝うという発想自体が理解できない」

まぁ、そんな意見もあるのだ。彼らは、日本人である前に、沖縄人なのだろう。

しかし安倍晋三首相は、

「実施する方向で検討している」

と語り、近々閣議決定する見込みだ。

菅義偉官房長官も7日の定例会見で語った。

「日本が国際社会に復帰し、戦後の復興に向けてスタートした記念すべき日だ。日本の未来を切り開いていく決意を確固たるものにしたい思いもある」

さて、これに対していつも不機嫌な顔をしている仲井真弘多沖縄県知事(実は大阪出身だとは余り知られていないが)が、沖縄タイムスの取材に答えた。

「独立したんだから結構な日じゃないか」

これは意外な言葉だった。しかし、自分の立場を思い出したのか、付け加えている。

「沖縄にとっては(日本に)置いて行かれた日でもある。いろんな思いや恨みつらみは当然(県民感情として)ある」

これは立場上言っておかねば、というところか。

実はこの4月28日は、ほとんど知られていないが、民間レベルでは1997年から「主権回復記念日」として行事が開催されてきていた。それを自民党は総選挙の際に、政府行事にすると公約していたものだ。安倍晋三首相はそれを実行しようとしているわけだ。

また、これもあまり知られていないが、自民党は昨年の4月28日に、憲法改正草案を発表している。これはすなわち、なるほどGHQの統治は終わった、しかし日本は真の意味で独立国家になったのか?という自問から始まっている。

たしかにサンフランシスコ講和条約による日本の独立は、当時の西側陣営が東西冷戦への対抗上日本を西側陣営に取り込もうということでお膳立てされた。

その意味では、日本が自ら闘って勝ち得た独立とは言えないという考えもある。つまり西側陣営に加わることを条件として、与えられた独立か。

とはいえ、勿論日本側からも主権回復のチャンスはうかがっていたわけで、外交上は勝ち取った独立とも言える。

そして1951年の9月には、52カ国が出席したサンフランシスコ講和会議において、全件代表であった吉田茂がこのサンフランシスコ講和条約を受諾する。翌年の4月28日に、この条約が発効され、日本は国家としての主権を取り戻した。

それにしても、何故この4月28日を日本は「独立記念日」として祝ってこなかったのか。その当たりは今ひとつちょっと分からない。

穿った見方をすれば、日本国憲法が占領下で制定されたままだ、ということかもしれない。特に国防に関しては、米国の傘下であるという状態にある。その善し悪しは別として。

さて、話をぐーんと戻すが、この「主権回復の日」を政府行事として行えば、沖縄から反発される可能性がある。

なにしろ沖縄では(勿論全ての県民が、という話ではないが)がぜん「反日」や「反米」ムードが盛り上がっているらしいからだ。例のオスプレイ配備問題や、普天間飛行場県内移設反対が今は旬なのだろう。

もう、それまで政治的発言などしたこともなかったような人々まで政治的な発言をするらしい。例えば町内会やPTAといった場でだ。それはあたかも「沖縄 vs 日米」なのだという。関東に暮らし、日頃ぼけーっと過ごして居る私には想像しにくい。

その「沖縄 vs 日米」運動を引っ張っている翁長雄志(おなが・たけし)那覇市市長(62歳)を見ると、この機運が急激に盛り上がったことが分かる。

というのも、翁長雄志那覇市市長は、以前は自民党沖縄県連幹事長として、なんと普天間飛行場の県内移設を推進していた側だったのだ。

それが今では「安全保障は日本全体で考えるべきだ」と叫びつつ、「オスプレイ配備反対県民大会」の共同代表となっている。まぁ、県内の世論に迎合したのかもしれない。

しかもこれは事実かどうか確認できないが、沖縄では「中国拝跪熱」まで高まっているというのだ。「拝跪(はいき)」とは、その時のごとく、ひざまずいて拝むことだ。

その象徴となるかどうか分からないが、例えばこの1月2日、首里城公園では「新春の宴」という琉球王国時代の旧正月の儀式が再現されるイベントが行われている。

その式典で王府高官を演じる役者たちは大きな声で叫ぶのだ。

「ワン・ワン・ワンスーィ!」

この様子を見た中国からの観光客のはしゃいだこと。何故かというと、「ワン・ワン・ワンスーィ」とは、

「中国万歳!」

という意味なのだそうだ。それを日本人(あるいは沖縄人)が叫んでいるのだから、中国観光客はそれを見て語った。

「やはり沖縄は中国のものだ、1日も早く解放せねば」

そしてこの様子は、なんと沖縄のNHKでは何度も放送されていた。但し、奄美大島以北のNHKでは、天皇陛下の新年のお言葉が繰り返し放送されていた。まるで二つの国があるようではないか。沖縄のNHKと日本のNHKと。

もっと気になるのは、沖縄の教育だ。特に沖教祖の親中教育が気になる。どうやら自衛隊のことを「鬼畜・日本軍」と教えているのだという。本当か?

沖教祖の支部は、機関紙である『八重山教育情報』の第1号(2012年4月13日)に北朝鮮のミサイル発射に対応した石垣島への自衛隊PAC3配備について以下の声明を掲載した。

「配備の目的は、必要以上に住民不安を煽り、防衛計画にある南西諸島への部隊配備への素地づくりに思えてならない」

そして、

「石垣には今四五〇人もの自衛隊がいます(中略)先の大戦を彷彿させるようなことが今現在現実に起こっています」

と結論づけている。何が言いたいのか。

また、昨年の8月に、この八重山地区では、教科用図書採択地区協議会は今年から使用する中学の教科書に、育鵬社版の公民教科書を採択した。この教科書では尖閣諸島を日本固有の領土と明記し、自衛隊の意義について説明されている。このことは良し。

しかし八重山地区に属する竹富町では、この採択に従わず、東京書籍版を採用するという違法行為を行ったにもかかわらず、なんと沖縄県教育委員会はそれを支持しているのだ。

彼らが支持した東京書籍版の教科書には沖縄について以下の様に記されている。すなわち、沖縄は、

「(中国皇帝への)朝貢体制の中で繁栄した『琉球王国』」

のことである、と。そのうえ、沖縄「県」については、

「政府は1879年、軍隊の力を背景に、琉球の人々の反対をおさえつけて、沖縄県を設置しました」

とまで記載している。おいおい、日本軍に占領された沖縄は、元々中国の支配下で繁栄していたのだ、という教育ではないか。

このような教育姿勢であれば、これからも沖縄には「反日」思想を持った人々が育ち続けるだろう。

さて、日本の「主権回復の日」式典は、沖縄の「屈辱の日」として盛り上がるのだろうか。



posted by しげぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沖縄で生まれ義務教育と高校の期間は沖縄、現在関東の大学に在籍してます。高校までで反日や反米の思考を持たせるような教育は一切なかったです。というより、日本人である沖縄県民にとって、反日思想などほぼ皆無です
。おおげさに言わないでください。東京都民や埼玉県民が政府に対して、法の制定や予算執行についての不満を述べるのと違いはないと思います。また首里城でのことは見たことがないので詳しくはわかりませんが、再現と述べているので、琉球王朝時代を正確にやっているのではないでしょうか?実際歴史的に中国と朝貢する関係にあった時代もありますし。再現であって、現在の沖縄県民の民意とは別物であると考えます。


「政府は1879年、軍隊の力を背景に、琉球の人々の反対をおさえつけて、沖縄県を設置しました」
と言っていますが、歴史的事実でしょう。いままで薩摩の支配は受けてきたものの、王国として名目でも独立していたものが、琉球藩となり沖縄県となっていくことに反対はします。明治政府に軍事力があったからこそ、実現できたのか、と。廃藩置県の際、明治政府に軍事力がなければ、他の藩も反対していたのでは?家臣には家禄、知藩事は東京に居住させたりと、反対勢力を減らす努力はしています。だからこそ目立った反対勢力がないのでは?

沖縄戦では、沖縄方言を話す地元民に対してスパイ扱いをしたり、壕では泣いてる赤ちゃんなどに対して、敵に見つかるから、とひどいことをしたり、捕虜となるとひどいことされる、だから日本人として潔く自決しろ、とさせられたり。戦争は人を醜くくさせます。こう言ったことも、経験していないので何とも言えませんが、ほぼ事実ととらえていいと思います。
日本軍に対して悪い印象が残るのもしょうがないのでは?特に戦争の時代に生きていた方々には。自衛隊が災害や国防に必要なことはしっています。ただそう考えてしまう人はいるでしょう。
「なにがいいたいのか?」と冷たい言葉は、すこし悲しくなります。確かに、すごく傾いた考えの方がいるのかもしれませんが。

時間がなく誤字脱字や稚拙な文章と長文になったことは、本当にすみません。しかし、沖縄県民として日本人として、おかしなところが見受けられたので訂正してもらいたいと思い、コメントさせていただきました。

沖縄では、この記事にあるほど反日や反米の思考はなく、日本であることに誇りを持っています。歴史的に見るとひどいことをされたりとありますが、世界中で日本が一番いい国だと、私自身も周り沖縄県民も考えている人のほうが多く存在しています。むしろ親中派より反中派のほうが多いですw
昔ほど本州の方々との、意識の差はなくなってきていますが、この記事にあるようにまだあるんですね

長々とすみません。失礼しました。

Posted by A at 2014年02月24日 14:00
Aさん、コメントありがとうございました。

沖縄の方からのコメントはありがたいです。少々ほっとしたところもあります。

記事は、当時の私が集めた情報に基づいていますので、そのままにしておきますが、貴重なコメントも、残させていただきます。

実はもう一人の沖縄の方からコメントをいただいた記事がありましたので、そちらのコメントもご参照ください。

『沖縄県民よ目を覚ませ。沖縄の近代化は、米国統治で成し遂げられたのだから』
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/357700954.html

こちらの記事も心配しすぎの内容になっているかもしれませんし、私がマスコミの報道に踊らされているのかもしれません。

ただ、いただいたコメントが沖縄の方とされています。こちらの内容も貴重だと思い、残させていただきました。

この度は、貴重な書き込み、ありがとうございました。
Posted by 管理人 at 2014年02月24日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343466390

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。