2013年01月08日

ソニーが世界初の56型の4K有機ELテレビの試作品を発表

前回の投稿で、CESで日本勢が脱テレビ依存と4Kテレビへの参入を始めた事に触れた。

と、続けてソニーの4Kテレビについての情報が入ってきた。

ソニーが米ラスベガスで開催中のCESに持ち込んだのは、56型の4K有機ELテレビの試作品だ。この大型サイズで4Kの解像度を有機ELで実現したのは世界初となる。

有機ELパネルは、台湾のAUO社との共同開発だった。

また、56型で4Kを可能にするために、従来の有機ELで採用されていた低温ポリシリコンTFTは採用せずに、酸化物半導体TFTを採用したのだという。

また、他にも革新的な技術の採用として、有機EL素子構造に独自のSuper Top Emission方式というものを採用した。その結果、開口率が高まり、有機EL層から効率的に光を取り出せるのだというが、正直、意味が良く分からない。

以上の技術により、結局どうなるのかというと、有機ELテレビとしては、コントラストが高まり、輝度も高まり、高速動画応答性能が高まり、視野角が広がるという特長が出たのだという。なるほど。

ソニーはこれまでの有機ELテレビあるいはモニターに取り組んできたが、前述の通り低温ポリシリコンを採用することで、大型化の限界に達していた。それがこの度の酸化物半導体の採用により、一気に大型化を可能にしたことになる。

さらにソニーは、今後(恐らく春頃)にさらに大型の65型も発表するとしている。このとき、同時に55型も発表する。但し、まだ価格については情報が出ていない。

また、4Kテレビの普及を見越して、コンテンツの対応も進めることが発表された。まずはこの春から、既存の10数タイトルの映画作品を4K用に処理したブルーレイディスクである「マスタード・イン4k」として提供する予定だ。

夏からは4K対応テレビをメディアプレイヤーに接続することで4K対応映画を視聴できる様にコンテンツ配信も行うとしている。

私はついて行けそうも無いが、メーカー間では、4Kテレビの開発・販売競争が始まる。



posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。