2012年11月14日

半ギレ解散? 16日に衆院解散を口にした野田佳彦首相

14日、野田佳彦首相は、自民党の安倍晋三総裁との党首討論で16日に衆院を解散すると口にした。映像を見ている限り、半ギレ状態ではあった。

「特例公債法案、一票の格差と定数是正。このことについて、早期に成立をさせる安倍総裁の確約をいただきたい。定数削減はやらなければいけないんです。このご決断をいただくならば、私は、今週末の16日に解散をしてもいい」

その代わり、来年の1月招集の通常国会で衆院議員定数削減を実現するように確約してくれと訴えた。自分は約束を守らずにだらだらと首相の座にいたわりには図々しいが、安倍晋三総裁はこれに対して、当然の回答をした。

「野田総理、定数の削減、あるいは選挙制度の改正。今、私と野田さんだけで決めていいんですか。そんなはずはないんですよ、たくさんの政党がいるんですよ」

それはそうだ。しかしせっかくの発言を安倍晋三総裁も流すわけにはいかない。

「そう約束ですね、約束ですね。よろしいんですね、よろしいんですね。16日に解散をしていただければ、国民の皆さんに委ねようではありませんか」

そして討論後に、安倍晋三総裁は語った。

「定数の削減について野田総理は、『来年の通常国会で成立を果たしていきましょう』と言った。はっきりと申し上げておくが、私たちも全面的に協力していく。この提案について、全面的に協力していく」

これで解散だ。解散反対の意を民主党議員達から受けていた輿石東幹事長もこれはもはや反対できない。何しろ解散は総理の専権事項だからだ。

「解散は総理の専権事項だから、それは総理が判断したからそれでいいじゃないですか。16日に解散をしたいと言ったんだから、それを撤回することはないでしょう」

本当は膝が笑っているのだろう。

自民党の石破茂幹事長もちょっと驚いた(勿論いつもの無表情だが)。

「かなり民主党の議員も虚を突かれたというか、ぼう然というか」

そうだろう。

さて、風雲児の橋下徹大阪市長はやる気満々だ。

「いよいよですね、準備できている、できてないなんて、そんな言い訳なんか通用するような世界じゃないですから。人生1回こっきりの大勝負と何度か言いましたけれども、いよいよ本当の意味の大戦、自分の持っている力をすべて出し尽くします」

まぁ、彼らしいコメントだ。とにかく民衆の受けを狙いに行く癖が身についている。

となると、衆院選は11月27日に公示、12月9日に投開票あるいは、12月4日に公示、12月16日に投開票(こちらの場合は都知事選とのダブル)と見込まれている。

いつになく熱い選挙になりそうでは無いか。今回は民主、自民、そして第三局(まだまとまってはいない)が争う。

民主党もこれから慌ただしくまた嘘になるかもしれない公約作りを始めねばならないが、野田佳彦首相は、TPP(環太平洋経済連携協定)への交渉参加を争点にするつもりだ。

しかし、民主党内には反TPP派も多い。彼らは慌てて民主党を抜け出す可能性もある。民主党は相変わらずの迷走を続けるだろう。

さて、やはり民主党の一部は勢いのある日本維新の会に近づいた。

14日午前、民主党の小沢鋭仁元環境大臣は日本維新の会の橋下代表、松井幹事長と会談した。そして小沢鋭仁元環境大臣言った。

「政策的に一致している」

いやはや節操がない。このことを知った安住淳幹事長代行は、

「有権者に対する裏切りだ」

と罵った。

しかし、この流れは止まらないだろう。この後も民主党から日本維新の会などの所謂第3局に合流する議員が出てもおかしくない。

──と、この記事を書いている途中で夕食をとり、くつろいでいたら、総選挙の公示日を政府は決めた様だ。

12月4日に総選挙公示、投票日は12月16日でいよいよ都知事選とのダブル選挙になる。

それにしても当の民主党の議員達が最も動揺したのではないか。

鹿野道彦前農水相はすぐさま輿石東幹事長に両院議員総会の開催を求めた。両院議員総会は党大会に次ぐ意志決定会議だ。つまり、首相の解任を迫るのでは無いかとも思えたりするが、鹿野道彦前農水相は周囲にはこう漏らしているという。

「解散は止められないだろう」

実は諦めているが、周囲の支持者の手前、食ってかかったということか。

山田正彦元農水相も慌てた。

「ここで解散するのは許されない」

彼らの動揺に対し、前原誠司経済財政相は野田佳彦首相の決意を評価した。

「乾坤一擲の想いでぶつけ、結果として自公に飲んでもらった。良かったと思う」

また、意外なことに安住淳幹事長代行も野田佳彦首相の決定を正当化する発言をした。

「民主党に有利な日程ではないが、この時期が国民に最良ということで決断したのだと思う」

これで月内に計画していた経済対策の策定も遅れそうだ。前原誠司経済財政相も言う。

「中身は限定的なものになる。財政も出来る限りのことをやり、総動員するなかで足元の景気対策をしっかりやりたい」

これに対し自民党の安倍晋三総裁は、

「国民の信を得た新しい政権が予算編成すべきだ。(新政権が)自信を持って大胆な補正予算を組むべきだ」

と語っている。

党首討論での安倍晋三総裁はなかなかの討論振りを見せたが、毎日jpなどは、阿部潰しの一環として、映像とはずれた記事を載せた。

解散時期を具体的に提示する、と野田佳彦首相が言った途端に、

“あいまいな答弁を想定していた安倍氏は慌てた。”

そうかな?私にはそのようには見えなかったが。

また、どうでも良い岡田克也副総理の記者団へのコメントを大事そうに掲載した。

“岡田克也副総理は記者団に「安倍さんは正面から受け止めきれず政治家としての器の小ささがはっきり出た」と語った。”

程度の低い記事でがっかりする。安倍晋三総裁は慌てていなかったし、むしろ野田佳彦首相の悲壮感が印象的だったが、毎日jpの記事は、野田を持ち上げることで阿部潰しを行いたいようだ。

例えば上記の岡田克也副総理の言葉を掲載するなら、他社が掲載している様な、

「予算編成が本格化するまでに選挙をすべきだ、それが国益だという判断をしたと思う」

というような発言を乗せた方が却って岡田克也副総理の見栄えが良くなる。毎日jpの記事では、却って岡田克也副総理が小物に見えてしまう。

さて、選挙の予想に関しては当然素人の私だが、どうなるかちょっと想像してみた。

まず野田佳彦首相が争点に掲げたTPPは両刃の剣だ。これで民主党議員の一部は間違いなく離脱するだろう。

しかしTPPで離脱した彼らは日本維新の会には合流出来ない。なぜなら橋下徹大阪市長はTPP参加派だからだ。

これに対し、みんなの党は同じくTPP賛成派だから合流し易くなる。

しかし太陽の党の元となったたちあがれ日本は私の記憶ではTPP反対派だった様な気がする。そうなると第3局の合流はまだ一波乱ありそうだ──という時間もなくなってきた。

野田佳彦首相の狙いはそこにもあるのではないか。つまり第3極がまとまる前に選挙に突入したい。

そしてあまり注目されていないが、実は着々と準備しているのが国民の生活が第一だろう、小沢一郎代表の無罪がそれを後押しするはずだ。彼はもはや過去の人とされているが、選挙のうまさには定評がある。これも野田佳彦首相にとってはいやな勢力だろう。

ただ、第3極がまとまらないことは、自民党や公明党にも歓迎されているはずだ。

ちなみに農業が盛んな地域ではTPP参加を公約にしては勝てない可能性が高い。例えば北海道では新党大地が反TPPで民主を打ち負かすだろうと言われている。中国や四国地域でも反TPP派が善戦するとみられている。

場合によっては鳩山由紀夫の一派が、TPPで分離する可能性まで囁かれている。

また、噂に過ぎないが、この度の野田佳彦首相の決断の背後に、またもや財務相の影が見えるという。

さっさと選挙に持ち込み、自民党が第一党になっても、3党合意の責任を果たさねばならない。つまり選挙後の民自公の談合を働きかけているというのだ。

これは事実かどうか分からない。もしそんな話があるのであれば、野田佳彦首相は、党として負けても与党に残れるという皮算用だというのだ。

それほど政治は甘くないし、有権者は許さないだろう。もし財務相が動いているとしたら、単に用済みになった野田佳彦首相を切り捨てようとしているだけにも思える。

さて、落ち着きの無い師走がやってきた。



posted by しげぞう | Comment(2) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
師走 選挙 で プログ検索中です
12月に 選挙するのかなぁ
普通 みんな 正月前で 忙しいですよね。
国民は 師走で 忙しい。
12月 選挙カー 走るのかナァ。
なんか 迷惑な話です。
票割れ選挙になると また 自公政権復活かナァ
政治研究会(名前検討中
参議院は まだ 動いているんですよね
Posted by 村石太あ at 2012年11月20日 22:25
村石太あさん、コメントありがとうございます。

今年の12月は、クリスマスソングに正月商戦が被り、衆院選に都知事選が被りますね。

世界情勢も欧州債務危機にシリアとトルコ、イスラエルとハマスの紛争、そして中国、韓国、ロシアとの領土紛争。

いやはや慌ただしくも不安な年越しですね。
Posted by 管理人 at 2012年11月20日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

自民党が政権とったらどうなるの(´・ω・`)
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/14(水) 21:09:33.63 ID:gfp9ehyJ0 ?2BP(7654)「16日解散」表明 政府・民主党、衆院選の12月..
Weblog: 【2ch】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2012-11-15 00:01

ボジョレー・ヌーヴォーは今日解禁o(^-^)o  国会は明日16日解散。 安倍はだらしない。
Excerpt: 本来ならば、政治テーマを 先にすべきなんでしょうが。 世界での消費の半分を 占める日本。 さらに、今年は過去最大の 不作ということで、実際の 味はどうなるのかという 不安というこ..
Weblog: 自分なりの判断のご紹介
Tracked: 2012-11-15 14:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。