2012年01月08日

シリアの自爆テロは、反体制派か、アサド政権の自作自演か

6日、シリアの首都ダマスカスで自爆テロと見られる爆発があった。

SANA(国営シリア・アラブ通信)によると、民間人や警官らが26以上死亡し、63人が負傷したという。

自爆したのは午前11時ころだった。場所はミダン地区の学校前だ。既に11人の死亡が確認されているが、残る15人については遺体の身元を調査中だという。

このテロに対して、シャール内相は、

「治安を乱す者には鉄拳で反撃する」

との声明を出している。

しかし政府軍を離反した兵士らが組織する自由シリア軍は、このテロを政府の情報当局の自作自演であるとしている。

実は前述の自由シリア軍は、政府機関を標的にした「大規模作戦」の実行を予告していた。自由シリア軍の幹部らは、この大規模作戦を知った政府の情報当局が、自作自演のテロを行うことで妨害したのだと主張している。

「われわれ(自由シリア軍)は民間人を殺すような作戦など行わない」

「情報当局がイスラム過激派の脅威を強調するため、過激派を名乗るテロ攻撃を仕組んでいるとの確かな情報がある」

また、同じく反体制組織の国民評議会(SNC)も、このテロの手口から、

「アサド政権の犯行であることは明らかだ」

と主張している。

CNNが現場近くに住む22歳の活動家にインタビューしたところ、

「政権側が大規模デモを阻止するため、同地区を封鎖する口実を求めていた」

との見方を示し、当局が発表した被害の規模や死者数は、誇張されていると語った。

実際、同日には自爆現場付近を始めとして、国内各地でデモが行われている。これらのデモでは治安部隊との衝突によって、ダマスカス近郊では14人が死亡し、中部ハマでは9人が死亡するなどしており、全てのデモでの死亡者は、35人になるという。これらの死亡者の中には、子供も含まれている。

また、離反を試みた兵士3人も射殺されたとの情報もある。

これらの一連の衝突に対応するために、アラブ連盟の監視団は数日中に100人から150人に増員する方針を示している。

なお、このダマスカスでの自爆テロに関して、今のところいかなるテロ組織からも犯行声明は出されていない。

しかし国営テレビでは、この自爆テロを国際テロ組織アルカイダ系勢力の犯行であると報じている。ただし根拠は示されていないようだ。

実は先月の23日にも自動車爆弾による治安関連施設への攻撃があった。このときも44人が死亡したと伝えられており、アサド政権はアルカイダの犯行だと決めつけている。

しかしアルカイダからの犯行声明はない。

しかもこのようなテロが起きる度に、アサド政権は反体制派をテロ組織と呼び弾圧の正当性を主張しているため、やはり反体制派からは政権の自作自演テロだと見られている。

その延長線上で、今回のダマスカスのテロが自作自演と見られているのだ。

ただ、真相は分かっていない。

一方、前述で人員を増やすとしているアラブ連盟の監視団についても批判が出ている。

監視団がシリア入りしてからも、全く暴力が収まる気配が無いからだ。

反体制派からは、アラブ連盟の監視団は、単にアサド政権の延命を手助けしているのではないか、といった疑問も出始めている。

エジプト紙のアルアハラムによると、なんとこのアサド政権と反体制派の仲介に、パレスチナ過激派のハマスが乗り出したという。

しかしハマスはアサド政権よりだ。しかも彼らこそ自爆テロを得意とする組織ではないか。彼らが仲介に乗り出した意図が見えない。

このままシリアがリビア化すると、国際社会の介入が始まる可能性が出てくる。

それを促すように、自由シリア軍のトップであるアサード大佐は5日、アラブ連盟の監視団について非難している。

「連盟は任務が失敗したと認めるべきだ」

とした上で、

「連盟は身を引いて国連に責任を引き継ぐべきだ」

と国連の介入を要請した。


以下、シリア関係の投稿記事です。

『シリアで何が起きているのか。シリア騒乱への経緯。』(2011/11/07)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/233918198.html

『リビア化するシリアの弾圧とアサド大統領の強硬姿勢』(2011/11/20)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/236176084.html

『シリアの報道は事実か?あまりに狂気を帯びた惨状が報じられている。』(2011/11/29)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/237704569.html

『シリアで任務についたアラブ連盟の監視団。しかしどうにも怪しい。』(2011/12/30)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/243414862.html



posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/244957285

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。