2011年08月29日

野田佳彦新代表で財務相大喜び、さぁ、庶民の蟻地獄が口を広げた

最も悪い選択が行われた。

民主党に自浄作用は無い。もはや期待することもない。すっかり腐った政党であることが証明された。

29日、民主党代表選で野田佳彦財務相が新代表に選ばれた。30日の首班指名選挙で特にハプニングがなければ首相に就任する。

問題は山積みだ。震災復興、エネルギー政策、原発事故収束、普天間基地移設問題(忘れたふりをするかも)などなど。

そしてこれらに、野田佳彦新代表により、デフレ深刻化と増税による、大資本家(特に輸出産業)の優遇(従業員の給与低下による利益確保)と庶民の窮乏化による自殺者増加といった格差拡大問題が加わることになった。

他、領土問題もあるが、もはや国民はそれどころではなくなるだろう。領土どころか、今ある国土で暮らすことがままならなくなるからだ。領土問題よりも、住居問題が切実と成るであろう。

いよいよ野田佳彦新代表が会長を務めていた政府税制調査会も、復興財源確保を理由とした増税に邁進するに違いない。

もはや自浄作用を期待できない民主党の、それでも心ある議員達が、どこまで野田佳彦新代表の暴走(財務相のリモートコントロール)をどこまで食い止めることができるか、という次元になってきた。

経済や財務といったことがよく分からない野田佳彦新代表は、財務官僚の言いなりだ。

「将来世代に(負担を)先送りしない」

とご自身で意味を分かっているのかどうかかなり怪しい発言を繰り返しながら、今後5年間で復興財源としての10兆円(けちな額だ)を5〜10年の増税で賄うと言っている。

将来の世代のために、現役世代を殺しても良いということだ。全く復興のなんたるかを分かっていない。

復興の財源は60年前後(本当は100年が良い)の長期償還を想定した国債で賄うとした馬淵澄夫国土交通相の意見が正しい。

国債を担保に日銀がマネタリーベースを拡大し、公共投資すれば、デフレも解消、円高も解消となる。しかも、国債の発行で賄われた円で復興したインフラは、今後60年以上にわたって国民のためになる。

しかも国債は市中で消費された際は、国民の債権となる。

すなわち、作られたインフラも、債権も、将来の負担どころか、将来世代の財産としての残るのだ。

そのようにはとても考えつかないであろう野田佳彦新代表は、悪知恵の働く財務官僚にとってはテレビのリモコンほどに扱い易いではないか。

株式市場は景気を先取りするという。

既に29日の東京株式市場は、野田佳彦新代表選出を知るやいなや、前週末終値に比べた上げ幅を縮小して取引を終えている。売り注文が広がったのだ。すなわち、景気の悪化を懸念しているのだ。

せっかくFRBのバーナンキ議長による追加緩和検討方針を好感していたが、それをあっさりと打ち消すほどのインパクトを野田佳彦新代表は持っていた。

提灯コメントしか出さないエコノミスト達は、日銀と財務相の連携を行える代表選出により、外国為替市場の安定にプラスしている、などと歯が浮くようなことを言っているが、外国人が日銀の為替介入でぼろ儲けするだけだ。

為替介入などという焼け石に水の政策を行っていては、日本国民の税金を巨大な為替差損で捨てているだけの話ではないか。

数少ない救いとしては、野田佳彦新代表がまだTPPに対して売国奴の前原誠司前外相ほどの明確な乗り気を示していないことくらいか。

一方、国債市場での国債を買う動きが出たため、財政再建が進むとの期待感をもった人たちがいるようだが、勘違いも甚だしい。橋本政権を思い出せ。増税はその年だけ一時的に税収を持ち上げるが、翌年からは不況により減収と成る。財政再建は、GDPの成長による増収で達成されることが健全なのだ。

そして経済的な問題の他にも蟻地獄は口を開けている。

野田佳彦新代表は代表選の討論会で言っていた。

「原発を再稼働させずに電力不足になれば、経済がもたない」

そう、再び原発の恐怖が日本を覆う。福島第1原発でいったいどれほどの惨状が展開されているのか。その記憶が消えないうちに、原発推進が再稼働する。

原発など1基もなくても、日本の電力は十分まかなえるにもかかわらず、原発を推進しようとする。野田佳彦新代表は、経済的だけでなく、環境的にも国民を死に追いやる男だ。

また増税の話に戻るが、野田佳彦新代表が意欲的なのは、復興増税だけではない。

社会保障と税の一体改革という名の消費税増税にも意欲的だ。景気の回復を待たずに2010年代半ばまでに段階的に10%まで引き上げるとしている。

正気ではない。橋本政権のときに、3%から5%に上げただけでどれほどの国民が死んだか。今度はその比ではない。

要するに菅直人首相も野田佳彦新代表も、財務相の直後に首相の座に送り込まれている。つまり、財務相で教育(洗脳)された上で首相の座についているわけだ。

その意味では、「挙党態勢」とは言っているが、口先だけの可能性は高い。閣僚人事と党役員人事で答えが出るだろう。

そもそも今の民主党に挙党態勢など可能なのか。

さぁ、どれだけの庶民の屍が積まれるのか。葬儀屋は忙しくなる。


以下、過去の野田佳彦新代表関連記事です。

『野田佳彦財務相という財務相のポチを首相にしてはいけない』(2011/8/13)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/220082379.html

『野田佳彦財務相の頭は大丈夫か?大連立一筋の妄言』(2011/8/20)
http://newsyomaneba.seesaa.net/article/221397132.html






posted by しげまる | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

棚ボタ野田総理は極左を民主党から追い出せよ
Excerpt: マスコミ攻撃の海江田、韓国人献金の前原が共倒れ。無名で小派閥しか率いず、財務相で
Weblog: 大辛カレーのブログ
Tracked: 2011-08-31 14:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。