2011年06月25日

小笠原諸島が世界遺産に登録された。もう一つ登録して欲しいところがある

24日、パリで開かれていた第35回世界遺産委員会で、小笠原諸島(東京都小笠原村)の世界遺産登録が決定した。

小笠原諸島が特に評価されたのは生物の固有種の多さだが、これで日本の世界自然遺産は白神山地(青森、秋田県)、屋久島(鹿児島県)、知床(北海道)に続いて4カ所目と成った。

小笠原諸島の範囲は広い。その広さは、以下のWikipediaの地図を見ると、小笠原諸島を示す黒い文字の散らばり具合を見ることで分かる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Map_of_ogasawara_islands_ja.png

小笠原諸島は東京都とは言え、都心からは約1000キロ南の太平洋上にある。諸島は30の島々で構成されている。

今回世界遺産に登録されたのは、この小笠原諸島の全てではなく、映画で有名になった硫黄島等は除かれている。

小笠原諸島の特徴として、大陸と地続きになったことがない「海洋島」であるため、動植物が独自の進化をしていることが上げられている。

そのことから、「進化の実験場」や「東洋のガラパゴス」とも呼ばれている。

特に有名なのは、カタツムリなどの陸産貝類と言われるもので、100種もの固有種が見られるという。

他にも植物が161種、昆虫が379種の固有種が見られるという。

他にも絶滅が危惧されている種として、オガサワラオオコウモリやクロアシアホウドリなどを代表として57種もある。世界遺産に登録されたとはいえ、絶滅の危惧はぬぐえない。今後どのように保護していけるのか、調査研究に力が入るだろう。

その様なことも含めてなのか、石原慎太郎知事は談話で語っている。

「世界遺産登録は通過点で、ゴールではない。小笠原の自然を永遠に保全していくことが重要」

全く同感である。

第35回世界遺産委員会に同席していた石田和彦副村長がその喜びで涙ぐんでいる映像もテレビで見た。

「決まったときは目頭が熱くなり、ジンときました。これまでと同様に、またこれまで以上に保全に努めていきたいと思います」

是非、がんばっていただきたい。

ところで小笠原諸島の自然が守れているのは、当然人が関与していないからとも言える。

実際、人が住んでいるのは父島、母島、硫黄島、南鳥島のみで、他は無人島である。今回世界遺産の範囲から外された硫黄島は、既に映画で激戦区だった場所として有名だが、現在も自衛隊、気象庁、海上保安庁の施設がある。人が関与しすぎている。

また、紛らわしい用語に「小笠原群島」がある。これは小笠原諸島の一部ど考えて良い。むしろ英語の方が明確に区別できている。小笠原諸島はOgasawara Islands、小笠原群島はBonin Islandsとなる。

ちなみに、このBonin Islandsは日本語を発音した名詞で、江戸時代にこの辺りを示した「無人島(ぶにんじま)」を英語読みしたものだ。

それにしてもこのたび大はしゃぎしている小笠原諸島の人々や日本人は、もしかすると江戸幕府に感謝せねばならないかもしれない。

1827年。小笠原諸島には諸外国の船が寄港していた。そのことを知ったイギリス海軍のフレデリック・ウィリアム・ビーチーは他国に先駆けて父島の木にイギリスの領有を宣言する看板を打ち付けた。

その報告を受けた在ホノルルイギリス領事館は、素早く行動した。1830年には欧米人とハワイ人の混合団体を父島に入植させたのだ。ボニン・アイランズ入植計画の開始であった。

その後も諸外国は小笠原諸島に寄港し、水や食料の確保、病人の看病などに利用していった。

この当時の状態では、小笠原諸島は、全く日本とは言えない。しかし、諸外国が小笠原諸島を知っていたのは、林子平の『三国通覧図説』によりヨーロッパに紹介されたことがきっかけだったという。要するに、日本人が欧米人に太平洋上の便利な諸島の存在を紹介してしまったようなものだった。

しかし当の日本人は、この諸島のことを知らなかったと言って良い。

ところが諸外国が頻繁に小笠原諸島を利用したり、入植したりするようになると、それらの外国船に助けられた日本人からの情報や、あのペリーが小笠原諸島を評価した「小笠原諸島に関する覚書」によって、まさに逆輸入の情報によって江戸幕府は小笠原諸島を再認識することになった。

となると、当時の江戸幕府はまるでロシアのドミートリー・メドヴェージェフ大統領の北方領土におけるがごとく速やかに列国の公使に小笠原諸島の開拓を通告した。それが1861年。

そして翌年の1862年の1月には咸臨丸が小笠原に到着し、外国奉行水野忠徳は既にその地で暮らしていた外国人達に、この地が日本の管理下に入ったことを通告した。

そして実行支配として日本人が入植を開始、開拓を行った。

なんと淀みなく速やかに実行支配したことか。しかも後から登場したのにこの堂々たる行動は、現在の日本の領土問題への対応からは想像が難しい。

さて、ここで話題が少々脱線するが、世界遺産には、「負の世界遺産」というものもある。

これは人類が犯した悲惨な出来事を後世まで記憶すべきと戒めるために登録するものだ。

日本では既に原爆ドームがある。海外の有名どころではアウシュビッツ強制収容所などがある。

そこで提案したい。

福島第1原発を、負の世界遺産に登録したらどうか。

「No more Hiroshimas.」ならぬ「No more Fukushimas.」だ。

ただ、「広島平和都市記念碑」の「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」という言葉は頂けない。

全く文脈がおかしいではないか。

揮毫したのは自らも被爆者であった雑賀忠義広島大学教授(当時)だが、彼は過ちを犯していないだろう。

「過ち」を起こしたのは米国であり、原爆を開発した欧米人であろう。勿論、戦争を起こしてしまった日本人を戒める意味もあるのだろうが、やはりあそこで誰よりも手を合わせ頭を垂れなければならないのは米国人であり、原爆を開発した欧米人だ。

しかし、福島第1原発跡地にたてる碑文には、「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」で相応しいと思う。

ずいぶんと話が脱線してしまった…。



posted by しげぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211845826

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。