2010年09月27日

中国の厚かましさは、実は外交のお手本かも

中国は尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件に対して、日本に対し謝罪と賠償を求めてきた。

おそらく多くの日本人が、「なんと厚かましいことよ。」「盗人猛々しいとはこのことか。」などと思ったことだろう。

しかし、国際社会に厳密な意味でのルールはない。強いて言えば、大国の行ったことが慣例法としてのルールになってしまう。

だから、中国の要求に日本が屈することがあれば、それは慣例法の実績となるだろう。それを他のアジア諸国は恐れている。

現に、中国人船長を解放したことを、アジア諸国は、中国が領海を拡張する際の実績としてルールかされてしまったことを恐れている。日本が踏ん張って拒絶してくれればと思ったことだろう。

そしてこの対応については、日本国内からも多くの批判がでた。そこで菅直人首相は、今度は中国からの謝罪と賠償については、きっぱりと強く否定してみせた。

当然である。

この中国の謝罪と賠償要求は、まるで敗戦国に対する戦勝国の態度ではないか。日本はなめになめられきっていると言えるだろう。日頃街角で渋滞の原因と騒音公害を垂れ流している右翼どもは、さっさと中国に乗り込んで、いつもの様に宇宙戦艦大和の歌でも流しまくってみろ、と言いたい。できるはずがない。腰抜けの集まりだからだ。

さて、これに対して、27日。仙谷由人官房長官が、謝罪と賠償を拒否した日本に怒りをあらわにしている中国をさらに逆なでする発言を行った。

このたびの衝突によって損傷を受けた海上保安庁の巡視船の「原状回復を(中国側に)請求することになる。当然、我が政府の課題になり得るし、なるべきだ」と述べた。

ただし、今すぐ請求すべきではない、とすぐに弱腰になっているが、これも外交上仕方がない。力関係が出てしまっているのだ。

「外交」では、強気で発言すれば良い、というものではない。

「外交」の延長には、経済制裁や軍事衝突がある。つまり、極端な話をすれば、「戦争」をする気概あるいは、準備がなければ、外交上で強気の発言はできないのだ。

もちろん、すぐに戦争はあり得ない。

まずは、諸外国への根回しや、国連などの国際機関を利用した外交が展開される。その上で、経済制裁などの手段が講じられるだろう。

そして、いよいよ解決手段がなければ戦争である。

日本に、その気概や準備が有るだろうか。具体的な戦闘能力、戦略、戦術は有るだろうか。

また、戦争を支える経済力があるだろうか。

これらのことを踏まえた上で、外交が行われる以上、竹島での韓国軍駐留にも見られるように、軍事行動をおこしたものが、「実効支配」することが国際的には慣例となっているのだ。

その点、今のところ中国は圧倒的に有利である。

彼らはレアアースという切り札や、海外援助による根回し、そして核武装を中心とした軍事力がある。

日本はどうか。


posted by しげぞう | Comment(6) | TrackBack(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
尖閣諸島を中国に渡せばいいだけです。ついでに沖縄も渡せばいいんです。それが、平和憲法を順守するための唯一の道です。変に正義感を持つから戦争になるのです。強い者にこびて、弱い者をいじめる日本人の賢い生き方にも適合します。
Posted by 平和主義者 at 2010年09月27日 19:14
平和主義者さん。
コメントありがとうございます。
そちらへのリンクが張られていないので、どのような主張をされている方か、もっと知りたかったのですが、残念です。
平和というのは、何もしない状態ではありません。紛争を解決し、予防する努力の上に成り立ちます。あれもこれもいいなりであることは平和ではなく、単なる隷属です。
何の欲も、希望も、理想もないのなら、生存している必要もありません。
尖閣諸島や竹島は、それだけを渡して済むものではありません。北方領土も、返せ返せと言い続けている努力があるから北海道が無事なのです。
私は正義感などありません。正義など、国や民族により異なるものでしょう。お互いの正義は相手から見れば悪意です。
正義ではなく、悪くて現状を維持するために、良くて発展のために、努力すべきでしょう。そのために、高い税金もはらっているのですよ、国民は。
Posted by 管理人 at 2010年09月27日 22:38
中国との戦争は圧倒的に日本が有利です。
現在の中国は地理的に日本と戦えません。
簡単に上海を封鎖され、中国製剤は崩壊します。以下を見てください。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryokuin_seidan/44842154.html
Posted by こかげ at 2010年09月28日 10:59
こかげさん。
コメントありがとうございました。
なるほど、地政学上、自分ののど元では戦争ができない、という解釈ですね。非常に興味深いです。
ただ、のど元だからこそ、そこがのど元でなくなるように自由な海域を広げたいという必要も出てくる可能性があるような気がします。
いずれにせよ、常にあらゆる事態を想定しておくことが国防であり、外交なのだと思います。
ということで、面白そうですので、もう少しそちらのブログを除かせて頂きます。
Posted by 管理人 at 2010年09月28日 13:11
日本がお人よし過ぎるのです。
韓国に竹島のことも殆ど言いません。
ランクリ
Posted by coffee at 2010年09月30日 08:10
coffeeさん。コメントありがとうございます。
日本はお人好しというか、平和ぼけというか。
支那の実効支配がどう進むか。
日本は日米安保を利用できてもいませんね。もっとも米国も支那に大量の国債買ってもらっていますからね。
Posted by 管理人 at 2010年09月30日 10:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

26日の尖閣問題に関する菅首相の発言
Excerpt: 尖閣問題について、ニュウヨークから帰国した翌日の26日の菅首相の記者会見の内容が朝日のネット報道『(参考1)』で報じられた。その内容について筆者の見解を述べたい。
Weblog: 東郷 幹夫の思いつくまま日記
Tracked: 2010-09-27 23:12

「化けの皮」が剥がれた中国と民主党
Excerpt: {
Weblog: 日比野庵 本館
Tracked: 2010-09-27 23:50

中国に対する抗議行動を10月2日(土)決行!
Excerpt: 中国の尖閣諸島侵略の策動に対し、日本国民の断固たる意志を示すべく、10月2日に「-中国の尖閣侵略糾弾!全国国民統一行動」を予定しております。 この運動は、東京のみな-らず全国での統一行..
Weblog: 2ちゃんねるコメントNEWS
Tracked: 2010-09-28 11:50

菅内閣の甘い目算狂い支那がやりたい放題・船長釈放─収拾のはずが…交渉カード失い目算狂う・支那は謝罪と賠償を要求し、ガス田「白樺」を掘削・弱者虐めは支那人のDNA特性で伝統・菅「双方が冷静に」←お前が言うな
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ガス田「白樺」、掘削の影響か海水が変色=読売機から和田康司撮影 釈放─収拾のは...
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2010-09-30 08:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。